意識低い系、日本代表宣言!!

意識の低い人間が、意識の低い情報を、意識を低くしてあなたにお届け!!

2024-01-01から1年間の記事一覧

2024年のクレジットカード事情

もうお忘れかと思いますが、というか管理人本人が忘れていましたが、当ブログの立ち上げ当初は「キャッシュレス」にこだわった記事を掲載していました。 そもそもこのブログを立ち上げたきっかけの一つに、「キャッシュレス社会についていこう!」があったん…

この夏、お勧めの「復讐」映画 3選 その4

3,刑事ジョン・ルーサー フォールサン イギリスBBCで放送されたシリーズドラマのネットフリックス映画版。 ある日、若者が何者かに誘拐されるという事件が発生する。 事件現場に駆け付けた主人公の刑事ジョン・ルーサーは、その場に来ていた若者の母親に、…

この夏、お勧めの「復讐」映画 3選 その3

では続きを。 2,アメリカン・ビューティー 主人公は中年のオヤジ。 ごく普通の会社に勤める、ごく普通の中年の体格のオッサンである。 住宅販売の会社を始めた向上心の強い妻との間に、高校生もしくは中学生(アメリカの学制はわからん)くらいの難しい年…

この夏、お勧めの「復讐」映画 3選 その2

1,グラディエーター 時は古代ローマ帝国の時代。 五賢帝の最後の一人、マルクス・アウレリウスは、自身の最期が近づいていることを予期していた。 ローマ帝国の永続のために彼が後継の皇帝に指名したのは、ゲルマニアで指揮を執るマキシマス将軍であった。…

この夏、お勧めの「復讐」映画 3選 その1

都知事選挙は終わったのに、いまだメディアでは「あの人」の話題で持ちきりの、我が祖国JAPAN。 そんな中、フィギュアスケートの安藤美姫氏と教え子とのスキャンダルも、燻っている。 このスキャンダルを見て、「俺もフィギュアスケートを始めよう!」と思っ…

日本ハム2軍は、栗山町へ移転せよ!

今朝、大きなニュースがありましたね。 日本ハム2軍が鎌ケ谷を離れ、北海道に移転する、とのこと。 まあ、2軍の移転だから、北海道ローカルな話題ですが。 道民の日本ハムファンで、鎌ケ谷に行ったことがある人って、どのくらいいるのだろうか。 北海道か…

この夏、お勧めのB級ホラー映画 3選 その2

続きます 2,地下に潜む怪人 こちらもネットフリックスの動画。2014年公開なので、結構時間が経っているけどね。 1999年に公開された「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」は、ホラー映画界に「モキュメンタリー」や「POV(Point of View)というジャ…

この夏、お勧めのホラーB級映画 3選

意識高い系諸君!お元気か? 猛暑が始まりつつあるが、意識高い系はいついかなる時も、意識を高く保っていなくてはならない。意識低い系が蔓延してしまった日本において、諸君は意識高い系の最後の希望なのだ! そんな苦しい戦いを続ける日本の意識高い系諸…

パーマンをアホ真面目に考える

*お知らせ 今回の記事にて、藤子F不二夫氏の作品「中年サラリーマン左江内氏」について触れていますが、管理人が過去の記憶に頼って話しているため、詳細部分では異なっております。ご容赦・ご理解をいただいた上でお読みいただけましたら、幸いに思います …

意識高い系ファイターズファン、現る!

今、世間で話題になっているのが、以下の動画。 副都心線の車掌がマイク切り忘れで熱唱してしまう事故が発生 (youtube.com) なんと、日本ハムの応援歌を歌っているではないか! これ、札幌市営地下鉄じゃないんですよね。東京の地下鉄ですからね。 巨人やヤ…

更新自粛します

さきほど、赤面してしまう間違った記事を掲載してしまいました。 ただただ恥ずかしいだけ。申し訳ありません。 罰として、しばらく更新を控えます

ここから札幌ドームを大逆転させる方法をプレゼンする!

先日、6.5億円の赤字となること発表した札幌ドーム。 今や「負の遺産」としては、全国トップの知名度を獲得! 日ハムに出ていかれた経緯と合わせて「行政の大失敗例」として、札幌から遠く離れた沖縄でも有名となっている。 そう、今や札幌ドームは、札幌…

知床太陽光パネル問題に関係して、読んでほしい本

知床岬の太陽光パネル設置が問題になっていますが、これを機会に再生可能エネルギーを推進する立場の方にも、読んでいただきたい本があります。 管理人は、再エネに「絶対反対」の姿勢ではありません。むしろ応用されるべき、と考えている。 管理人が反対し…

「財界さっぽろ」の記事に異議あり!

先日、発売された「財界さっぽろ」の7月号に、知床の携帯基地局の整備を推進してきた国会議員の方のインタビューが掲載されていたので、早速見てみました。(ちゃんと買いましたよ) 正直言うと、偉そうに政治のことも語ってしまっている当ブログですが、個…

たまに見るとクスっとくるヤツ2024

日々、様々なストレスにさらされている意識高い系の皆さん。 今回は、日本を支えている(気分になっている)意識高い系の皆さんに、束の間の安息を感じていただくべく、なんとなくクスっと笑ってしまう動画を紹介する。 この動画を見て心を整え、意識低い系…

ほんとにすみません

「古代ローマとヴェネチア」などという、壮大なテーマを掲げたくせに更新ができておらず、申し訳ありません。 わずかではありますが、ご覧いただいている方がいるため、最近のことなどを。 ひょんなことから数年に一度の大処分みたいなことが始まりまして。 …

古代ローマとヴェネチア その1

先日、都知事選挙に立候補した、安芸高田市長の石丸氏ですが、余計な一言を言ってしまって、早速、都民から総スカンを食らっています。 そりゃそうだよね。都知事なんだから都民を優先することを言えよ、とは思う。 函館に新幹線を実現する、と言ってしまう…

最後の復活「TPぼん」

今や国際文化となった日本の「マンガ」。 キャプテン翼の最終回では、海外の大物選手がコメントを寄せ、鳥山明氏の訃報では、世界各国から多くの哀悼の意が表明されました。日本から遠い南米のアルゼンチンでは、追悼のため自発的に多くの人が集まり、2万人…

なぜ、知床岬に太陽光パネルを設置することに反対するのか

*今回、知床に関する記事を始める前に、管理人は以下のことを大前提としております。 ①人命が第一であるということ。 2年前に痛ましい事故が発生してしまいました。今後、同じ事態を引き起こさないために安全策が講じられるべき、と考えております。 ②太陽…

国立公園「日高山脈襟裳十勝」爆誕!!

もう20年も前のお話をします。 平成の大合併が叫ばれ、全国の自治体で広域合併が行われました。 正直、かなり強引な合併も行われ、釧路などは「飛び地」ができる結果に。 また、全国で合併後の新しい市の名前が話題になりました。平仮名の市の名前も増えま…

「男系男子」を守らなければならない理由 その2

管理人は、社会に出始めたころから、北海道新聞と読売新聞の2つを買って読んでいます。ここ数年は日曜版しか買ってないけど。日曜は本の書評が載っているので。 なぜ、二紙を読んでいたかですが、北海道新聞は、「北海道」と名前が付くだけに北海道の話題が…

誰かこの小室ソングをカバーしてくれ! 3選

ようやく体調が戻りつつある今日この頃。 しかし、業界的には6月に山場を迎えるため、それに向けて事務作業があったり、業者さんと話し合いをしないといけないなど、なかなか「予定が空っぽの一日」がありません。 で、GW中に風邪で寝込んでいたと書きまし…

SHOGUNに求めていたものを見た!

すんません、風邪をひいてまして。2か月前からGWを中心に予定を組み、気合を入れていただけに、まさか寝込んでしまうとは。しかもはっきりと高熱が出るわけではない、37度前後の微熱。元気と言えば元気なんだけど、動くと頭痛はするし喉は痛い。 生殺しで…

「男系男子」を守らなければならない理由 その1

皆さん、ネットフリックスで配信されている「三体」というドラマをご存じでしょうか? 今回のタイトルにあるお話をする前に、まずは「三体」の第一話を見てみてほしい。 第一話をすべて見る必要はありません。冒頭の10分(?)くらいで十分です。 多くの人…

豪華列車ツアーのプランを提案する!その6

さて、長らく知床を紹介してきましたが、まだ午前中。ただ、札幌に帰るためにはそろそろ出発しなければなりません。おそらく、札幌から最も遠い場所にいるので。 以前までは意識していなかったのだけど、斜里から札幌までの距離って、東京から東に出て名古屋…

豪華列車ツアーのプランを提案する!その5

この道はかなり絶景です。高低差のある風景も楽しめます。 こちらは防風林のある農業地帯とオホーツク海の様子。 そして、海の彼方を見てみてください。 陸地があるでしょ?おそらく網走方面だと思う。 地図を見てください。網走から知床まで、大きな曲線に…

豪華列車ツアーのプランを提案する!その4

この道の果てには何があるのか?言ってみましょう! この道は、知床半島の根っこの部分にあります。画面の中央には海別岳が見えていますね。 この道路は海別岳の登山口に通じているため、海別岳に最も接近できる道でもあります。 知名度の低い海別岳ですが、…

豪華列車ツアーのプランを提案する!その3

続いて宇登呂に向かいます。 宇登呂に向かうには、斜里から国道334号線を走ることになります。この334号は、そのまま知床横断道路となって羅臼に通じています。GWくらいから。知床横断道路は知床半島の中を通るため、景色もすばらしい。100名山の羅…

豪華列車ツアーのプランを提案する!その2

歩道橋からの景色なんて、大したことねーだろ!と思った、そこのあなた! これから紹介する景色を見るまで、結論を出すのは止めておこう! というわけで、跨線橋にきました。もう、この画像からでもわかりますね。左に斜里岳、そして正面、右にも山が見えま…

豪華列車ツアーのプランを提案する!その1

昨日、JR北海道は、2026年から運行予定の豪華列車「赤い星」「青い星」の完成予想図を発表。 この豪華列車のデザインを、豪華列車ブームの先駆けとなったJR九州の「ななつぼし」のデザインを担当した水戸岡鋭治氏が務める、とのことで、JR北海道の本気度…