意識低い系、日本代表宣言!!

意識の低い人間が、意識の低い情報を、意識を低くしてあなたにお届け!!

ランゲルハンス島からの手紙

「僕の家と学校のあいだには、川が一本流れている。それほど深くない、水の綺麗な川で、そこに趣のある古い石の橋がかかっている。バイクも通れないような狭い橋である。まわりは公園になっていて、キョウチクトウが目かくしのように並んで茂っている。橋の…

台湾の地震に遭われた方々に、心から御見舞い申し上げます。

昨日、台湾で大きな地震が発生し、多くの方が被害に遭われた、とのこと。 ビルの倒壊などを見ると、事態が深刻であることがわかります。 被災した方々に、1日も早く、安寧が日々訪れることを、心から願うばかり。 東日本大震災以来、台湾に特別な感情を持つ…

わたくし事

今回は、全くの私事を書きます。 「お前のことなんてどうでもいい!」という方は、今すぐ違うサイトに移動してください。 先日の「お金にだらしないやつとは全力で縁を切れ!」の記事の中で、「靴でその人の性格を判断する人」の事を「意地悪な小姑」と書き…

「北の国から」、完結。

昨日、根室本線の富良野ー新得間が最終日を迎えました。 大きな赤字路線であり、全国的には無名の路線ではありますが、管理人以上の世代の映画ファン、ドラマファンにとって、とても思い出深い路線でもありました。 まず、沿線の幾寅駅は、1999年公開の…

B級・C級プロ選手に注意してほしい話

水原氏の事件が、連日、報道されていますね。 アメリカでは、大谷の金銭管理の甘さが、嘲笑の対象にすらなっている、とのこと。 あれでしょ?アメリカって、どんなに収入が少なくても、資産を運用しなければならない、みたいな風潮があるんでしょ?サブプラ…

金にだらしない奴とは全力で縁を切れ!

今回の記事は、自分自身への反省も込めて書いている。ただただ、若い人に失敗してほしくない思いがある。管理人自身も「聖人」「正義の人」などではないことは、重々承知しております。 大谷のニュースが凄いことになっていますね。 好感度の高かった水原氏…

別海高校野球部、お疲れ様

昨日、高校野球選抜大会で、21世紀枠の別海高校が登場。 残念ながら、0-7で敗戦しました。 別海高校は、失礼ながら全国的には無名。というか、全道レベルでも無名に近いと思います。 それがいきなり甲子園の土を踏んだうえに、相手が強豪ひしめく西日本…

大学時代にやっておくべきこと 3選 その3

最後ですね。 ③ 「一人の時間」を有効に使うこと これから話すことは、書くたびに「個人主義だ!」「繋がりを軽視している!」と、主旨と異なった反論が来る。よく読んでくれ、と思う。 大学時代には多くの友人もできるし、友達とキャンプとか旅行とか行くこ…

大学時代にやっておくべきこと 3選 その2

続きです。 ② 勉強 これも社会に出てから気づく大人が多いのでは? 旅行のところでも書いたけど、大学時代は自分で自由に使える時間が豊富にある。 旅行に行くのが嫌ならば、一つの分野について1か月間、ずっと勉強するのもアリ。 ただし、勉強する内容は試…

大学時代にやっておくべきこと 3選 その1

いよいよ3月も中旬となった。 大学の受験生の中には、すでに受験を終えて、新生活への準備に追われている人も多いと思う。 大学進学後の2か月ほどは、本当に楽しいと思うよ。 さて、今回は、管理人が大学生活でやっておいたほうがいいと思うことを、3つ挙…

実は偉業を成し遂げていた高木美帆選手

この冬、オフなのに話題をかっさらったのが大谷翔平。 スポーツ紙は毎日のように「大谷」が見出しに出ていました(たぶん)。 その大谷が結婚を表明! 「大谷はワシが育てた」と自負する全道民も、祝福したことでしょう。 なお、結婚発表時に、ニュースでは…

高校受験、お疲れ様でした。

昨日は、北海道内の公立高校の入学試験の日。 (全国的には知らんけど、北海道は私立高校が少なく、公立高校の方に進学校が多いので、受験でも公立高校がメインになります。) もう、勉強なんてすんな!遊べ遊べ!! ただし、法律と常識の範囲内で!! 誰に…

ウクライナ侵攻で見えた、北方領土の実像

ここまで、当ブログで掲載してきた北方領土に関する記事を再掲載してまいりました。 地図で見ただけでも、色々な予想(妄想?)ができるものです。 その上で・・・・ ウクライナへの侵攻が始まって、2年が経ちました。 実際の戦況を知ることができた。 今回…

中露海軍、日本周遊記念企画!全力妄想「もし北海道がロシア領だったら?」(2021年10月?)

今思えば、になってしまいますが、2021年の終わりが近づいてきたころから、ロシアは確かに軍事アピールを繰り返し始めていた。 この「日本列島周遊クルーズ」も、何かを暗示するものだったのかもしれない。 4か月後、ウクライナへの侵攻が始まりますが…

お待たせ!極東速報!!(2021年9月25日)

今回も北海道新聞による北方領土や極東の話題です。 2021年、択捉島にて、元軍人による軍国主義教育がなされようとしていた! 果たしてどうなってしまうのか? ここから 更新が滞っていてすんまへん。いろいろと忙しかったもので。 なぜ、久々に更新する…

北方領土と北海道を眺めてみよう!(2021年9月17日掲載)

全国的には何かと様々な評価がなされる北海道新聞ですが、日本で最も北方領土や極東について、熱心に報道しているのは事実です。 今回は、その北海道新聞で報道されていた、北方領土の話題。 連絡船が立派になって増便された、という、一見、辺境の小さな話…

ロシア軍の北方領土駐留をアホ真面目に妄想してみる(2021年9月12日掲載)

ロシア人亡命問題の余韻が冷めやらぬ中、当ブログで管理人が開陳した妄想話。 果たして、国後島からのロシアの侵攻があり得るのか? ウクライナ侵攻前の日本では、それなりに緊張感のある問題でした。 しかし、2年後の現在、一つの答えがでたような・・・・…

ロシア人「亡命者」問題、決着(?)(2021年8月29日掲載)

すんません、ロシア人亡命者問題の最後の記事を掲載していませんでした。 ここから もはや誰も覚えていない、国後島からわざわざ泳いで北海道にやってきたロシア人「亡命希望者」ですが、一応の決着となりそうです。 全国どころか北海道でも注目されておらず…

ロシア人「亡命者」続報!(2021年8月27日掲載)

続いて、2021年8月のロシア人亡命者の続報になります。 一応、「隣国からの侵入者」であるにも関わらず、日本、ロシア双方が「困ったな」という姿勢だったのが、なんとも・・・。 「北方領土問題」と言って、双方の政府が駆け引きに使うものの、ミクロ…

北方領土 トンデモ解決案 その2(2021年8月24日掲載)

前回までに、ロシア経済の実態についてお話してきました。 北方領土はロシアにとって戦略的な要衝なため、返還には応じられないものの、極東地域の統治は困難を伴っている。 おそらく、北方4島への食糧輸送もかなりな困難を伴っていると思われます。 では、…

北方領土 トンデモ解決案 その1(2021年8月24日掲載)

北方領土解決について、素人が考えた案です。 文の調子がやや気にかかる方もおられるかもしれませんが、修正せずに掲載します。 ここから。 前回の記事で、国後島からの亡命希望者について書きましたが、なんとこれが北方領土問題の主権問題にもかかわる「や…

ロシア人「亡命希望者」について考察する!(2021年8月24日)

ロシアに関する記事を掲載するそもそものきっかけは、2021年8月19日に道東の標津町で、ロシア人男性が保護された、というニュースから。 ネットでは様々な「説」が流れました。管理人もそれに便乗した記事。 先日、北海道標津町の交番に、自称ロシア…

ウクライナ侵攻2年。北方領土について考える

ロシアがウクライナに侵攻を開始して、2年が経過しました。 21世紀において、このようなことが起こるとは思わなかった。 ネットが普及し、ロシアの若者も中国の若者も、「西側」の若者とオンラインゲームで対戦するのが当たり前になった今、領土を獲得す…

メタルは世界を救ったか?

先日、ユーチューブを見ていたら、以下の動画がお勧めに上がったのでクリックしてみたんですよ。 THE BLUE HEARTS - アメリカ人の少女が初めて『リンダリンダ』を聴いた瞬間 | ミックステープ:伝えられずにいたこと | Netflix Japan (youtube.com) え?ブル…

北海道周遊・豪華列車のツアー内容をプレゼン!・・・と思ったら違うほうへ。

*今回の内容は、JR北海道にビジネスをプレゼンしようとしたら、気持ち悪い一人語りになってしまった。しかし、そのまま掲載します。心してお読みください。 先日、JR北海道が、豪華観光列車を投入する計画を発表した。 JR北海道、豪華列車運行へ 26年4…

すんげーパウダースノー!

昨夜から札幌は猛吹雪となっております。 週の前半まで、異常な暖かさのために雪が解け、湿度も上がっていたせいか、冷たい風がやってきたら一気に冷やされて大雪になっています。 で、ですね、寒すぎるため、積もった雪がサラサラになっています! どのくら…

自然のピタゴラスイッチ・流氷 その4

さて、南下してきてオホーツク地方沿岸に接岸していた流氷ですが、ここで西からやってきた宗谷海流によって、動きます。 もう10年近く前になるのだけど、NHKで「流氷大回転」という番組がやっていましてね。 名前の如く、流氷が回転する現象です。 北西か…

自然のピタゴラスイッチ・流氷 その3

さて、前回までに海が凍ることがわかりました。 じゃあ、凍った氷はどうやって運ばれるか?というと、まずは「風」ですね。 前回までにオホーツク海には常に北からやってくる風と北西からやってくる風がある、と書きました。 この風によって、氷の塊、流氷が…

自然のピタゴラスイッチ・流氷 その2

さて、オホーツク海に流れ込んだアムール川の川水ですが、川の水だけに淡水です。 で、オホーツク海に流れると真水は凍ります! なんぜ凍るとか?というと、オホーツク海は他の海と異なるためです。 まず、オホーツク海は北方にあり、世界で最も寒い地域とさ…

自然のピタゴラスイッチ・流氷 その1

先日、ついに流氷が接岸した、とのニュースが! ・・・・・・正直言いますと、オホーツク地方で幼少期を過ごした身で言いますと、観光業の人はともかく、昔は地元では流氷にそんなに関心がありませんでした。 昔は流氷の時期となると、オホーツク地方のドラ…