意識低い系、日本代表宣言!!

意識の低い人間が、意識の低い情報を、意識を低くしてあなたにお届け!!

さとう珠緒の思い出

 ネット記事でさとう珠緒さんの記事があったので、思い出したお話し。

 

 さとう珠緒さんは、それこそ自分の大学生の頃にブレイクしたわけです。

 

 もちろんミニスカポリスで。

 ミニスカポリスが放送されていたのはTVH。

 

 当時、TVHは札幌圏と旭川周辺くらいでしか放送されておらず、当然のように放送されていない地域に住んでいた自分にとって、初めての一人暮らしで見たTVHは衝撃の連続でした。

 

 まず、木曜ロードショーですよ。「あなたの心には何が残りましたか?」っていうやつです。

 

 平日九時からいきなりセクシー映画が放送されているじゃないか!

 来週の予告で「世界的な悪の犯罪組織に対し、プレイメイトが立ち上がった!」というフレーズを聞いて、都会に出たばかりの自分は大きなショックを受けたものです。

 

 他には、地元にいた時から噂のあった「ギルガメッシュナイト」ですが、自分が見たころには「マイルド路線」になっていました。

 なんせ細川ふみえ飯島愛というスターを生み出した番組ですからね。この二人はTVHが放送されていない地域でも有名でしたので。

 そういえば周囲に「飯島愛マニア」いまして、彼が言うには飯島愛のそっくりさんとして「飯島恋」がデビューした、とのこと。まあ有名人のそっくりさんがデビューするのはよくあった話ですが、飯島愛の人気が非常に高いために飯島恋の人気も急上昇となり、その飯島恋のそっくりさんとして「飯島変」がデビューする事態にまで発展。

 

 当時の飯島愛人気の高さをうかがわせます。

 

 脱線ついでに言いますが、昔って、そういうのも「ビデオテープ」でしたよね。DVDも広まる前のお話です。

 今思えば、子どもも利用し、家族連れが訪ねても自然な書店とレンタルビデオがあるお店にも、アダルトコーナーがあったんですもんね。暖簾一枚で「ファミリーの世界」と「鬱屈した男の世界」が分けられていた、というのも今なら不思議な感じがします。

 

 で、札幌市内のある「書店とレンタルビデオの店」の大人コーナーのビデオには、そのお店の従業員の方の推薦文が書かれたPOPが張られたものがありました。そこには「〇分〇秒のシーンがお勧めです!」と書かれていたんですよ(爆笑)。

 従業員もしっかりチェックして、自分なりの「クライマックスシーン」をお勧めしているわけです。これ、結構、恥ずかしいですけどね。でも、仕事熱心な「意識高い系」の人であることがわかります。

 

 で、試しにそれを借りてみて、見てみたんですよ。で、従業員の「お勧め」の〇分〇秒がやってきた瞬間、画面が大きく乱れた!!

 今の人にはわからないと思うけど、昔のビデオテープは、途中で停止したり、同じシーンを繰り返し再生していると、「テープが伸びる」という現象が起こって、そのシーンの映りが悪くなってしまうのだ!

 録画マニアなどは、絶対にテープを途中で止めず、最後まで見たら必ず最初まで巻き戻して保管することが、「絶対マナー」になっていた。時々、家族がテープをそのままにしていると、「母ちゃん、ちゃんと巻き戻せよ!」と叫ぶ光景が、どこの家庭にもあったものだ。

 

 とにかく、お勧めのシーンで画像が乱れる、ということは、多くの人がそのシーンを見た後に停止ボタンを押したことが推測できる。なぜ停止ボタンを押すのか、は、男性ならわかるだろう。

 そしてあまりにも同じシーンでの停止が繰り返されてしまったために、テープが伸びてしまった!つまりそれだけ多くの札幌在住の男が、そのビデオを見ていたことになる!みんな一人じゃない!「変なビデオ」を通してつながっていたんだ!!

 

 ・・・・・・・・そんなことはさて置き、えっと、ああ、さとう珠緒さんの話でしたね。

 

 ミニスカポリスで世間に衝撃を与え、男子大学生のお色気シンボルとなったさとう珠緒さんは、その人気が急上昇しているタイミングで、過去の「〇ード写真」が、「BUBUKA」に掲載された!

 これは当時の大学生にとって、宮沢りえ写真集ばりのショッキングな出来事となり、スクープ写真の掲載された雑誌は売り切れ続出!

 

 札幌でも入手困難となった。

 自分の友人も購入できず、ようやく知り合いから借りることに成功。

 

 でも、借りたからどうする、ってところで彼がとった行動は、「カラーコピーする」というもの。

 

 しかし!当時、札幌でもカラーコピーできるコピー機が少なく、札幌高架下にあったヨドバシカメラの前に一台だけあったのだ!今ならどこのコンビニでもできるけど、当時はカラーコピー機も少なかったのだ!

 その友人は、電車に乗って札幌駅まで移動し、カラーコピーして電車で帰る、という行動力を発揮!さとう珠緒好きの魂を見せつけた!

 

 平成、令和の若者よ、昭和世代はそのような不便な思いをして、若いころを乗り越えたのだ。今は「便利な時代」になってしまい、ネットで簡単に手に入れることができてしまう。しかし「そっち方面」のパワーを侮ってはいけない!

 キミらには秘められたパワーがある!!出し惜しみせず、存分に解き放て!

 

 ・・・・・・真面目な方面でね。

 

 

 追記

 

 ここからはさらにお下劣度が上昇するので、閲覧注意です。

 

 学生時代に北海道では「モザイクな夜」という番組が深夜に放送されていて、その番組で「少子高齢化を考える」という内容があって。で、ススキノが少子高齢化の原因になっている、と。ススキノの「お店」で、精子が無駄に廃棄されている!と問題提起されてました。

 

 で、「調査」と称して、お店の女性に「一回の接客で出る量」と同じ量の牛乳を、メスシリンダーに入れてほしい、と頼み、女性が「このくらい?」とテキトーそうにメスシリンダーに入れた量を記録。

 その「一回量」を元に、ススキノの風俗店の総数、営業日数、接客担当女性の人数、その他もろもろの指標を交えて計算したところ、なんとススキノでは年間で「5トン」もの精子が無駄に廃棄されている!という衝撃的な結果が報告されていました。

 

 「5トン」って、凄い量だよね。

 

 次は、不謹慎な話題になってしまうかもしれないのですが。

 

 もう10年以上前、ススキノのとあるソープランドで火災が発生しました。

 そのお店の名前が「大阪城」。

 次の日の新聞の地方欄の見出しが「大阪城炎上」となっていたのを覚えています。

 

 

 最後に、こんなふざけた話題ばかりでしたが、昔は地方局のラジオ番組では、地方テレビ局のアナウンサーも、平気で「きわどいネタ」と語っていました。「うまいっしょくらぶ」を聞いていた同世代もいるでしょ?

 その深夜番組の一つに、同じく男性アナウンサーが昔の下ネタを語っていました。なんでもその男性アナの高校時代、一人でシて、果ててしまい、握ったまま寝てしまったところを母親に目撃されてしまった、と語っていました。

 なお、その男性アナは今、ど〇んこワイドのキャスターとして、奥様の味方になっているのだから、人生どうなるかわかりませんね。